810

現在810手法公開中!

FXコラム

都合のいいところだけ下落理由に使われはじめた新型コロナ感染

2020.06.30 | 
都合の...
「ジョンズ・ホプキンス大学」の新型コロナウイルス感染状況のとりまとめダッシュボードによりますと、一旦は収束に向かうのではないかとみられた新型コロナもとうとう感染者数は世界で1000万人を超え、死者数も50万人を超えるという事態に陥っています。
各国様々な施策を試みているわけですが、物理的に国民を自宅待機させることはすでに発生から3か月を経てどこの国でも難しくなっています。
経済的な問題や政治的な問題から、結局決定的な対策を打つことができないままに都市の経済活動再開を余儀なくされているようです。
こうした感染報道が出ますと米株も一旦は大きく売られることになりますが、週明けのNY株式市場はまた大きく戻しております。
相場の上下動の理由に適当に使われているだけで、どこまで市場参加者が真剣に新型コロナ感染の影響を考えているのかは、ほとんど良く判らないのが実情になってきています。
このコラムでも既にご紹介していますように、ロビンフッドを利用して市場に雪崩れ込んでいる個人投資家は勢いとレベル感だけで株を買い向かっているようで下げは「絶好の買い場」という非常にラフな感覚ですから、株価の上昇理由を厳密に考えて見てもほとんど意味がない状況です。
ただ、この手のランダム相場というのは必ず最後に大きな下落となって終わることが多く、爆謄してハッピーエンドとはならない点には相当な注意が必要です。

ドルも月末需給で小幅上昇

いよいよ月末の為替市場もドル円をはじめとしてリバランスから上昇する相場となり、とくにドル円はストップロスをつけたようで108円の手前まで上昇する動きを見せています。
しかしこれがこのまま上昇相場になるかどうかはやはり不明で、為替も取引は結構難しくなっている印象があります。
7月2日には前倒しで雇用統計の発表もありますので、上がり過ぎた相場の調整がでることもありそうですから、しっかり様子を見ることも必要になりそうです。
もともと為替相場は上昇や下落の理由が明確になるものではない時間帯が長く、需給のバランスだけで相場が上下することは頻繁にあります。
したがって、でテクニカル的に相場をとらえておくことは重要ですが、あまりにも状況が理解できない場合にはとりあえず静観してそのあとの相場がどうなるのかを見極めるということも重要です。
米株市場は個人投資家とAIとがやりあっているだけですから、その影響をうける為替市場の動きが不可解でもある意味仕方ないものがあります。

新型コロナの相場への影響はまだまだこれから

新型コロナの感染の話しに戻りますが、この感染状況を見ていますととにかく夏に収束するというのはほぼ嘘であるとともに、コロナが経済に及ぼす影響も最初の相場の暴落のタイミングですべて出尽くしたという楽観論がやはりワークしないことを示唆しております。
感染者の再度爆発的拡大は、都市のロックダウンを実現しなくても事実上おなじような状況を生み出すリスクが非常に高まりつつあることを示唆しています。
100年前のスペイン風邪のときには罹患者はウイルス感染であることも知らずに、相当数が亡くなるという非常に悲しい状況に陥ったわけです。
現状もワクチンができているわけでもなく、情報はたくさん入手できても結果はこのスペイン風邪の流行とあまり変わらない点が非常に気になります。
また東京で感染が拡大している件については、ウイルスが変異しており新たなものとして東京自体がエピセンターとなっているという見方もでてきており、世界的な流行の動きと日本国内での動向が異なる可能性も考えざるを得ないところにさしかかっています。
相場に向き合う個人投資家としては非常に判りにくい時間帯に突入していることを感じますが、とにかくよく理解できないときには無理して取引をしないという冷静な姿勢が求められるところです。
(この記事を書いた人:今市太郎



関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    new 最新記事 2020/07/07
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    最新記事 2019/06/08
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ