783

現在783手法公開中!

  • HOME
  • FXコラム
  • 2/15の取引とスキャルピングをやらない理由

FXコラム

2/15の取引とスキャルピングをやらない理由

2017.02.16 | 
2/15の...
近藤です。
私の投資スタイルはデイトレとスイングという話は昨日しました。元々はスキャルピングもそれなりにやっていて、サラリーマンを辞めて専業になった直後に「これで24時間、いつでもトレードできる」と思い、短期トレードに精を出そうとしたわけです。
しかし、実際にやってみるとこれが上手くいかない。もちろん過去のチャートやデモで検証済の自信を持った手法を使っているわけですが、取引時間の増加とは逆行して成績が悪化する始末。
成績悪化の原因は分かっていて集中力の欠如と専業というストレスによる微妙な感情の変化にありました。サラリーマン時代にはホールドしていたであろうポジションをチキン決済したり、見送るか入るかの微妙なポイントで焦って不利なポジションをとったり。
1回1回の取引おいて数pipsのミスだとしても、回数が多ければ馬鹿にできない金額になるわけで、こういった取引が積み重ねることにより更にストレスが増し集中力が欠けるという負のスパイラルに陥っていきました。
「こんなはずじゃなかった。」と悩み、専業になってからの1か月間で出した結論が「時間的余裕があるからこそ短期トレードは行わない。」ということでした。
数分おきにエントリーと決済を繰り返す行為は金額的にも精神的にもリスクが高く「持たないな。」と思ったわけです。今となってみればその決断がなければ、現在も専業トレーダーとして生活することはできなかったでしょうね。
「空いた時間でぱぱっと稼げる」というキャッチコピーでヒットした詐〇商材がありましたが、このキャッチのとおり空いた時間で稼げるような「気がする」スキャルピングは魅力的です。
稀にスキャルの天才もいるようですが私も含めて多くの人は凡人ですし、凡人でも勝てるスタイルを目指すべきです。スキャルで勝てないと悩んでいる方は多いですが、目先を変えて「スキャルを辞める」という選択肢も頭にいれてみてはいかがでしょうか。

GBP/AUDの売りポジション

さてさて、昨日の取引です。ブレイクアウト手法で本日の朝方にGBP/AUD、1.61580でショート。
それ以外はノーポジで保有最中のポジもこれだけです。
GBP/JPY、GBP/USD、GBP/AUDと3通貨ペアで一番形がよいチャートを売ろうと思っていましたが、日足の安値を抜けたGBP/AUDが伸びやすいと判断して仕掛けました。
利確の戻りを形成中で現在は含み損になっていますが、再ブレイクをすれば100pipは期待できるかと思います。15分足のダブルボトムが騙しだった場合の、ロングが溜まっていればロスカット巻き込み、ずるずると下がるはずです。
現時点でのロスカットは1.6234ですので-76pips。下落次第で徐々にロスカットを有利な位置に変更します。あと、今下落が熱い通貨ペアはEUR/AUDです。これも今日チャンスがあればショート目線でポジります。
(この記事を書いた人:近藤)

関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在5人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    new 最新記事 2017/12/13
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    new 最新記事 2017/12/13
  • Qt

    多くのメディア、個人の発信などをインプットし、多面的な視点を持つ。

    CLICK

    最新記事 2017/12/10
  • 隼人

    新ライター

    CLICK

    最新記事 2017/11/16
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ