800

現在800手法公開中!

FXコラム

FXはあなたが思うよりも、もっと面白い。

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    最新記事 2019/08/23
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    最新記事 2019/06/08
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

最新のコラム

  • ECBの追加緩和示唆を皮切りに日銀の追加緩和を期待する市場は大幅な戻りを試す相場の動きとなってきていますが、リスクの本家本元である中国は旧正月の休みを控えた時期にさしかかってきており、政府の動きにも注意が必要になってきています。
    2016.01.24 | 
  • 1月22日の海外市場は、東京市場を受けてのNY市場における株価の大幅な反発から、リスク回避の巻き戻しが継続して終了するとことなりました。1月25日には注目のFOMC声明があり、発言後の動きに注目が集まります。
    2016.01.24 | 
  • 22日の東京市場は「ECB」の追加緩和措置をみた市場参加者による日銀への追加緩和期待も高まり、「日経平均株価」で大幅な戻しがありました。下げを継続してきた相場はさすがに一息ついたところです。原油価格についても...
    2016.01.23 | 
  • 世界経済は非常に均衡状態にありますので、ドル円相場は「122.4円から116.6円」までの5パーセントの水準で必ず止まらなくてはいけないのです。しかし、それをあっさり、今週の相場で割ってしまったのです。その意味と理由について考えます。
    2016.01.23 | 
  • 21日開催された「ECB理事会」を受けた記者会見の席上、「ドラギ総裁」は金融市場の混乱や中国など新興国の経済減速懸念を背景に、3月に「金融政策」スタンスを見直す考えを示しました。その後の値動きと今後のユーロについて解説します。
    2016.01.22 | 
  • 20日東京時間から116円台へと下落を始めたドル円はロンドンタイムにかなりの売り資金を投入することで116円台を一瞬ながら割る事となりました。しかし116円割れから大きく走ることはなく、政府筋当局者の発言で大きく買い戻しがでるなど...
    2016.01.21 | 
  • 現在の相場をデイトレで臨むと1日に何度もセンチメントが変わるため、よほどチャートに張り付いて売買していないかぎり、投げと買い戻しに行く手を阻まれて、乱高下の相場に巻き込まれるだけの厳しい動きとなってきています。
    2016.01.20 | 
  • 日本とアメリカの「政策金利」が0.25pt開いたにも関わらず円高方向に相場が向かっています。本来なら金利の高い米ドルに日本からの資金が流出し、円安方向に流れ逆にドルは高くなるのがロジックのはずです。今回の記事では政策金利と為替の関係についてまとめます。
    2016.01.19 | 
  • 「レイ・ダリオ」が「現在は1937年頃と同じ状況で米国は利上げを急ぐべきではない」との見解を昨年の4月に示しました。実際に利上げをして年が明けてみたら、本当にその警告に近い相場状態が示現した事に海外ファンドは、危惧し始めているようです。
    2016.01.19 | 
  • CFTCが15日発表した12日時点の建玉報告によると、CMEの通貨先物市場で非商業部門(投機筋)の円の対米ドル持ち高(ドル円のロング)は売りと買いの差し引きで2万5266枚の買い越しとなったことがわかりました。
    2016.01.18 | 

件数 2280 件  2091〜2100件目を表示

ページトップへ