800

現在800手法公開中!

  • HOME
  • 相場の格言
  • チャートは少しも悪くない、悪いのはチャーチストだ

相場の格言

チャートは少しも悪くない、悪いのはチャーチストだ

2013.10.25 | 
チャー...
チャー...


「チャートは少しも悪くない、悪いのはチャーチストだ」

この相場の格言は、なかなかウィットに富んだ口にして楽しい言葉ですね。しかし、この格言に込められた意味は、なかなか深いものだと言えそうです。


この格言の意味を理解するには、「チャート」と「チャーチスト」について、しっかりと理解しておくことが必要となります。

FXにおける「チャート」とは、言わずと知れた売買のタイミングをはかるのに大いに役立つツールの一つです。過去のFXレートの値動きを、時間や価格を軸としてグラフ化したものがチャートで、FX取引会社・口座会社のホームページなどで確認する事ができます。

このチャートは、FXの動きを数字だけでなくグラフとして見ることができるため、感覚的に認識する事ができ、相場の流れが直感的に把握できるというメリットを持ちます。FXにおけるチャートは、ロウソク足を用いたものが一般的です。

このチャートに対し、チャーチストとは「経済情勢などのあらゆる要因は相場にあり、チャートの動きを研究すれば、わざわざ経済情勢や国際情勢などを確認せずとも、相場の動きを予測できる」と考える、市場参加者のことです。所謂「チャート至上主義」の人たちと言えばよいでしょうか?

これらを踏まえて「チャートは少しも悪くない、悪いのはチャーチストだ」という格言を見てみると、「チャートは決して万能ではなく、問題なのはチャートを偏重しているチャーチストだ」と言っていることが分かります。

チャートはファンダメンタル分析を軽んじるチャーチストによって、テクニカル分析の象徴のように扱われる事がありますが、これはチャート自体に問題があるのではなく、チャーチストに責があるということを、この格言は言っているのでしょう。

いずれにしても、FXで成功をおさめるには、ファンダメンタル分析もテクニカル分析にも精通しておくのが一番だということに、変わりありません。




関連記事 こちらの「相場の格言」もご覧下さい

コメント

  • 17.11.18
    09:38
    相場格言『チャートトレンドではなくチャーテストが悪い』 win81web
    この格言は、理数系テクニカル分析中心の初級~中級者の「敗者」トレーダーに多いと思われます。要は、損切りが出来ず・コツコツドカーンの傾向者で、後はメンタツ面を徹底的に鍛え直さないと脱出不能です。マージンカットを数回繰り返しても、未だ治らないメンタル患者です。この脱出法は、専業プロトレーダー(実績のある)のツールを購入して、徹底的にロジックに沿って、少額軍資金から目標額を定めて、1週間・1ヶ月・1年と最低1年の検証を体験しないと完治できません。当然、ファンダメンタル分析解説もほどほどに学習して置く必要があります。この面から御社サイト「FX-Works」の今市氏と角野氏の解説を熟読して、不明点はネット検索して用語を調べて認識して置く必要が発生します。日経TV-テレアサ等の報道者はマスゴミで当てにしてはなりません。
名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ