セントラル短資FXの特徴@複数のレベルが高いサービスを提供!

セントラル短資FXの特徴はなんといっても、顧客のニーズにあわせて複数の魅力的なプラットフォームを提供してくれることです。
現状ではFXダイレクトと呼ばれる初級者から上級者まで利用できるプラットフォームに加えて、イスラエルのトレンデンシー社の開発した自動売買が可能となるセントラルミラートレーダー、さらに上級者向けのスプレッド最狭をめざすウルトラFXの三つが提供されています。

取引しやすいスペックの提供も魅力

FXダイレクトは初心者でも利用しやすい取引ツールに加え、小額から利用できる1000通貨単の取引、さらに高いスワップポイントが狙える高金利通貨のペアが設定されていることが大きな特徴となっています。
またスプレッドはあえて主要通貨ペアではなく、外貨どうしの通貨ペアを中心に狭く設定されており、外貨同士の通貨ペアの取引がしやすいようにできているところも大きな特徴の一つといえます。

ミラートレーダーによる自動売買もいち早く導入

また、最近流行りのシステムトレードによる自動売買にもいち早く対応し、イスラエルのプラットフォームプロバイダーであるミラートレーダーを導入し、セントラルミラートレーダーとして提供しています。
こちらも1000通貨からの取引が可能となっており、初心者でも比較的安心して利用することができるようになっています。
シストレにはMT4というロシアの会社が開発したシェアウエアを利用した自動売買もありますが、ミラートレーダーの場合は業者側のサーバーですべての設定がされるため、たとえパソコンを終了しても、一旦設定した売買プログラムはそのまま稼動し続けることとなるため、シストレ稼動期間中にネット接続が切れて自動売買ができなくなるといった心配が一切なく、初心者でも安心して始められるところが大きなメリットとなっています。

マイナススプレッドも登場するウルトラFXは大きな話題

さらに、ハイエンドユーザーを対象としてNDD方式により社内のディーラーを解さずインターバンクのスプレッド価格の中から最適なものをアルゴリズムが選択してそのまま提示するウルトラFXという口座も提供するようになっています。
こちらは複数のインターバンクの中から瞬時にもっとも狭いスプレッドを提供する業者を選択し、自社のマージンをあえて外出しすることで最大限に透明性を高めた口座となっています。
しかもこのスプレッドは場合によってゼロスプレッドやマイナススプレッドを提供してくれる時間帯もあるため、ユーザーにとっては非常に魅力的なサービスになります。

テクニカルツール関連での情報提供レベルも高いのが特徴

テクニカル面では、通常のテクニカルツールの提供とともに、さらに有名テクニカルツールを統合してわかりやすく表示したFXライブ!という無料サービスを提供しています。
このサービスを使えばテクニカル指標が一目で理解でき、売り買いの判断を即座につけることができるようになっています。
さらにこのチャートに照らし合わせた情報は売買シグナルとして算出されますので、いつが買い時なのか売り時なのかも即時に判断が可能となります。これは初心者にとってはどのタイミングで売りや買いを入れるかの参考になるため非常に使いやすいツールとなっているのです。取引条件面では、スワップ金利が高いことが有名で、長期投資を行うスワップ狙いのユーザーには非常にお勧めの口座となっています。
さらに外貨両替を極めて安いコストで実現できるのもセントラル短資FXの大きなベネフィットであり、海外旅行などの際にはほぼ銀行の100分の1のコストで両替が可能となるのです。
両替にFX会社が利用できるというのはなかなか思いつかないことですが、実はかなり便利でお得な利用法となるのです。このようにセントラル短資FXは他社にないようないくつもの特徴をいち早く顧客に提供する会社となっています。

関連記事