FX手法

CCIダイバージェンス・高値・安値ブレイクFX手法

2014.05.25 | 
 

11回

CCIダイ...

あまり一般的なテクニカルではありませんが、まずまずの成果です。
「CCI」という分析はご存じでしょうか?
正式な名前はCommodity Channel Index(コモディティ・チャネル・インデックス)コモディティとは商品のことです。
『FXで商品?大丈夫かよ!?』と首をかしげてしまいそうですが、この指標の中身は移動平均乖離率と同じような理屈です。
現在の価格が統計的な平均値から、どの程度乖離しているかを示すものです。
「価格の値動きにはサイクルがある」といった考え方の元、買われすぎや売られすぎを判断しています。
今回は、そんなCCIとダイバージェンス、高値・安値を使った、ブレイクアウトのFX手法を紹介したいと思います。

CCIダイバージェンスFX手法 概要

手法名 ダイバージェンスを利用してFX相場の反発を見極める!
開発者 noriot-echnical さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 15分足
通貨ペア ユーロ米ドル、ポンド米ドル、豪ドル米ドル
分析手法 高値安値、CCI
その他選択項目 逆張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 3時間
FX業者 FXCM 月間取引頻度 20回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 70% 損益レシオ R=1
平均利益 +20pips 平均損失 -20pips

ドルストレート推奨

まず、取引頻度ですが1ヵ月ですと10回~20回です。ただ、4月から5月の中旬くらいまでは、なかなかエントリーする場面はありませんでした。
通貨ペアはドルストレートです。やはり、チャートを見ている数が圧倒的に多いのがドルストレートですから、素直に反応をしやすいという特徴があります。
CCIのパラメーターは24です。これを15分足チャートに表示させます。

新規ポジション

エントリーを行うタイミングは、
・価格がその日の高値圏・安値圏である
高値圏・安値圏でCCIのダイバージェンス
価格が直近の高値・安値ブレイク
買い、売りエントリー。
このようなルールでエントリーをします。一番勝率がよいのは、ダブルトップやトリプルトップ、逆三尊・三尊などの、底や天井を予測させる動きになった時です。
この時の高値や安値というのは、いわゆるネックラインを意味します。そこは、たくさんのFXトレーダーが注意するポイントであり、FX相場の動きが活発化する要因になるのです。
ただ、あまりに「形」にこだわり過ぎると・・・ほとんど取引チャンスはなくなってしまいますので、そのあたりのバランスに気を付けてください。
エントリーは、必ずローソク足の実体がレジスタンスやサポートをブレイクしてからです。なので、レジサポに近づいたら、15分ごとにレートと足型をチェックする形になります。
※ユーロ米ドル15分足 エントリーイメージ

利確と損切りの比率は1:1

決済ポイントは、どちらも20pipsです。これは、レジスタンスやサポート関係なく20pipsに固定という意味です。正直、この設定値は改善の余地があると思っています。
勝率が、相場によって50%~80%と開きがありますので、もう少し安定感を得る為に利益の幅を大きくしたいと思っています。これは、今後の課題です。
※ユーロ米ドル15分足 決済イメージ

このFX手法は欧州市場・NY市場推奨

注意すべきは、高値圏・安値圏の確認であり、トレンドの出にくい時間帯では、使わない方が無難です。ダイバージェンスが明確に表れるのは、やはり値動きが大きい時です。
つまり、「ロンドン・NY時間」に最も適したFX手法だと思います。
いろいろと応用出来そうなFX手法ですので、何かの参考に使ってみてください。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

11回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

781