• HOME
  • 専業トレーダー 著者TOMOZOの手法

専業トレーダー 著者TOMOZOの手法

FX Worksの著者であるTOMOZOが使用している、または過去に使用していた「FX手法」を紹介しております。
私の基本的な投資スタイルが、勝率を一切無視した「損小利大投資」ですので、人によって好き嫌いがはっきりと分かれてしまうかと思います。
「仮に5連敗しても、6回目の利益でトータル成績がプラスになる。」
これが、私が目指している投資であり、常に意識して検証やトレードを行っています。

ジャッジメント

  • はらみ線使ったトレード手法です。ローソク足の形だけでシンプルに取引出来ないか?と考えてリスク分散のために作ったのが「はらみ線」を使ったルールです。5分足チャートを使い、3つのエントリーパターンで取引します。この手法の特徴は、極端な損小利大であることです。勝率20%でも利益が残ります。
    2014.06.11 | 
     

    144回

    [643] コメント投稿(1)
  • ダブルボトム・ダブルトップのチャートパターンを意識した取引手法です。1時間足・4時間足・日足の3つで取引を行います。この手法の特徴は、とにかく「キレイな形」を追い求めたルールであるということです。エントリーはシンプルですが、5つのフィルターを用いて徹底的に綺麗な形を探し出します。
    2014.05.29 | 
     

    117回

    [640] コメント投稿(0)
  • 一目均衡表とは、一目山人(ペンネーム)が1969年から1981年までの間に7冊の書に残し、作り上げたテクニカル分析です。 日本では勿論のこと、海外でも多くのファンがいる事で知られています。 一目均衡表で最も重要視されているのは「時間論」であり、相場が変化する日柄(変化日)を予測するための基本数値を設
    2014.05.09 | 
     

    80回

    [631] コメント投稿(0)
  • 1分足の「トレンドライン」を使ったデイトレ手法を紹介いたします。 このFX手法は、もみ合い相場では全く勝てません。 しかも、ただ勝てないだけではなく・・「もみ合い相場」=「泥沼の連敗」になってしまいます。 その反面、トレンド相場では非常に有効な手法です。エントリーポイントが明確で、少ないリスク
    2014.05.01 | 
     

    123回

    [634] コメント投稿(0)
  • ボリンジャーバンドとローソク足を使ったデイトレ手法です。値動きが多いポンド円での取引がお薦めです。具体的なエントリールールとして、ローソク足の切り上げ・切り下げを確認してから、指値注文でエントリーを行います。勝率重視のトレード手法なので、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、参考になれば幸いです。
    2014.04.29 | 
     

    36回

    [637] コメント投稿(0)
  • 日足のラインチャートを使った順張りFX手法を紹介いたします。この手法は、ポジション保有時間が1日~2週間程のスイングトレードになります。忙しいサラリーマンの方も、一日に一回のチャートチェックでトレードを行う事が可能ですので、是非ご覧になってください。
    2014.04.15 | 
     

    129回

    [628] コメント投稿(2)
  • フィボナッチ38.2%、フィボナッチ50.0%と直近の高値、安値を組み合わせたFX手法を紹介しています。エントリー回数は少ないですが、シンプルで世界中の投資家が意識しやすいポイントでのです。複数の通貨ペアを同時に見ながら、その効力を確かめていただければと思います。
    2014.04.11 | 
     

    96回

    [625] コメント投稿(0)
  • トレンドラインと移動平均線を使った手法を紹介しています。トレンドラインの基礎から、騙しを減らすフィルター機能まで、チャートを用いて分かりやすく解説しておりますので、是非ご覧になっていただければ幸いです。
    2014.03.20 | 
     

    172回

    [622] コメント投稿(3)
  • ピボットと移動平均線を組み合わせたFX手法を紹介しています。具体的には、移動平均線20MAとピボットを15分足チャートに表示させた、トレンドフォロー型の手法です。もみ合い相場を回避し、損小利大を狙う投資スタイルですので、同じような考え方でトレードしている方は是非参考にして下さい。
    2013.12.03 | 
     

    151回

    [619] コメント投稿(0)

件数 9 件  1〜0件目を表示

著者TOMOZOについては下記をご覧ください



             スポンサードリンク