787

現在787手法公開中!

FXの基礎知識からコアな情報まで!FXガイド

テクニカル分析

オシレーター系

  • 「RSI」と並んでオシレーター系の指標として、国内のFXトレーダーに定着しているのが「RCI」と呼ばれるテクニカル分析です。このページではRCIの特徴とおすすめの手法を紹介していきます。
  • ピボットとは、RSIやパラボリック開発で有名な「J・W・ワイルダー氏」が考案したテクニカル分析です。これは、前日の相場の価格を基準にして、翌日の相場の重要なポイントを見つけ出すという指標になります。ピボット...
  • ストキャスティクス(Stochastic)は、1950年代に「ジョージ・レーン氏」によって開発されたテクニカル指標で、国内では株式投資でもFX投資でもよく利用されるオシレーター系の指標となっています。この指標は「売られ過ぎ」「買わ...
  • MACDはオシレーター系の分析方法として分類されることが多いですが、実はトレンド系でもあるといえます。ゴールデンクロスやデッドクロスなど基本的な分析方法から、ゼロラインとの位置関係など、様々な使い方があります。
  • オシレーター系のテクニカル分析として、多くのトレーダーの支持を得ているのが「RSI」です。トレンドの方向性を探ることは、FXの売買ではもっとも重要なものですが、その一方で、トレンドの終わり、つまり天底を探ることも大切です。今回の記事では、RSIの特徴とRSIを使った手法をまとめましたので、ご覧ください。
  • CCI(Commodity Channel Index)は、その名の通りコモディティ相場向けに1080年にドナルド・ランバートという投資家が買いはすしたチャートで、最近ではFXにも使われるようになってきています。現在の相場の価格と統計的平均値がどの位乖離しているのかを見ることによって買われすぎや売られすぎを判断するもので、移動平均乖離率と同様の指標...
  • モメンタムは、の正式名称はMomentumという英語で、オシレーター系の先行指標です。この先行指標というのは現在の値動きよりも先に動くテクニカル指標であることを示しています。モメンタムは最近ではMT4にも標準で実装されているため世界的に利用者が多いツールとなっています。ただ、このモメンタムは値動きを予測してくれる...

件数 7 件  1〜7件目を表示

ページトップへ