794

現在794手法公開中!

FXの基礎知識からコアな情報まで!FXガイド

テクニカル分析

トレンド系

  • FXで使用するテクニカル分析は数多くありますが、このページでは移動平均線について解説して参ります。移動平均線の歴史から重要視される期間、実際に使われるチャートパターンなども、図を使って解説していますので、是非ご覧ください。
  • ニューヨークの株式市場を見ていますと指標として登場するのが「ニューヨーク・ダウ」というものですが、このダウ・ジョーンズ工業株平均株価というものを開発したのがチャールズダウという人物で、もともとは金融ジャーナリストして19世紀後半かに活躍してきた人です。
  • フィボナッチは12世紀から13世紀初頭に有名になった数学者でフィボナッチ数列を発見したことで有名になった人物ですが、今FXの世界ではこのフィボナッチの勧化得方が多く利用されるようになっているのです。直接的にもっとも利用されるのがフィボナッチ・リトレースメントというものですが、このフィボナッチ理論はエリオット波動のベースとして...
  • グランビルの法則は、移動平均線を考案した著名アナリストのグランビル氏によって編み出されたもので移動平均線と相場の動きの位置関係だけで売買をしていくという、ある意味でのプライスアクショントレード的な示唆にとんだ法則となっています。実際に市場を見ていると8つのポイントに出くわす確率も高くなりますので、これを覚えておけば、こ...
  • DMIとはDirectional Movement Indexの略で、RSIを開発したことで有名なワイルダー氏が同じく考案したオシレーター系指標です。この指標はワイルダー氏自身が開発した有名指標であるRSIのような既存のオシレーター系が大きなトレンドが出てしまうと殆ど上限や下限に張り付いて使い物にならなくなることから開発者自身がそれを補うために開発した...
  • パラボリックというのは英語で放物線のことを言います。これはピボットの開発でも名前の登場したJ・ウェルズ・ワイルダー氏が同じく開発したテクニカル指標のことです。少し前まではドテンするときに役に立つ指標として利用されていましたが、最近ではスキャルピングの参入ポイントに使うトレーダーも見られるようになっています。
  • 一目均衡表は、今やドル円にかかわる外国人トレーダーもIchimokuという言葉を使って注目するチャートとなっています。このチャートは戦前のコンピュータが存在しなかった昭和11年に一目山人のペンネームを持つ細田悟一士によって開発され、実は登録商標とされている言葉なのです。
  • ローソク足に良く似ているものの、全く別の機能を持つ「平均足」という分析方法があるのはご存知でしょうか。ローソク足はリアルタイムでの相場の動きを高値、安値でそのまま表示します。
  • エリオット波動はダウ理論でお馴染みのチャールズ・ダウよりも遅れて登場した株式アナリストのラルフ・ネルソン・エリオットにより開発された波動論です。このエリオット氏は1871年生まれですから正に明治維新直後に生まれた人物で、第二次世界大戦終結直後の1947年に他界していますが、1960年代に入って急激にその評価が進み、今も先進的にな分...
  • 移動平均線というのはチャートを利用するトレーダーにとっては基本中の基本で、多くの人が必ずこの平均線をなんらかの形で利用していることと考えられます。この移動平均線は相場が上げ止まる時や下げ止まるときに抵抗ラインとして利用可能となっているのはご存知の方も多いと思います。この移動平均線ならではの動き方をしようして相場の転換予...

件数 13 件  1〜10件目を表示

ページトップへ