794

現在794手法公開中!

FXコラム

トランプは少し落ち着くであろう

2018.04.16 | 
トラン...
今朝のブルームバーグにトランプ大統領の支持率が年初来の最高値を記録した、と報道をされました。
去年から私が言っていたのは、トランプの行動規範の一つに「支持率」があることは確かです。
おそらく彼はこの支持率を異様に気にしており、彼がツイッターなどで口撃をするときはたいていうまくいっていない場合。まだ、就任をして二年ですが、彼がツイッターなどを駆使して悪口を言うときは見事にアメリカ経済がそれほどよくないとき、と考えています。
いつも言うように冬場のアメリカ経済は停滞気味になり、その結果、春先にいつものようにツイッターなどを使い大暴れをするパターンなのだろうな、とは思っています。
去年もそうでしたね。支持率低迷からはレーガンに倣い、外圧をかけることでその支持率回復を考えるのです。支持率が回復し、経済も順調になってくると余計なことは言わなくなってくるでしょう。

今晩の小売売上は注目しなければならない

何度も何度も書きますが、小売売上はGDPの70パーセントを占めており、この好不調がアメリカ経済の分岐点になります。先月は前月比マイナス0.1で今月はコンセンサスが0.4となっています。
前年同月比では、去年の前年同月比で4.8も上伸をしており、果たしてどうなのでしょうか?と思います。今年も4.8も伸びるのでしょうか?限りなく疑問です。レッドブックなどのほかの指標をみても前年よりは伸びるのは確かでしょうが、それほど伸びるのかな、とも思います。
救いは去年よりもはるかにドル安が進行していますので、コンセンサスの0.4も達成可能かと思います。きのうは大丈夫と記しましたが、決して安心感をもって予想以上の上伸ということはありえないということです。
何がいいたいかといえば、アメリカ経済の本格的な回復軌道に乗るということを断言するのは、まだ早いということです。つまり今夜の小売売上をみないとわからん、ということです。
今夜にはエンパイアステート指数の発表になり、その予想は下振れがおおよその予想になります。これは5月のISMの先行となり、この数字が下にいくようであれば、アメリカの先行指標の上昇ということにはならない、ということです。
好景気循環入りということにはならないと思います。相変わらず楽観が支配をしており、予断を許さない状況です。つまりドルが押し目買い、株が押し目買いという世間の論調にはにわかに同意しかねるということです。
ただ、トランプは、支持率が回復傾向にあり、その結果の無茶な口撃はしてこないだろうな、とは思います。その一方で、中国、ロシアとの対立はまず、解消はしないと思います。すなわち、中国の手持ちのドル債券売却問題は解消をしないと思います。
なぜなら憧憬するレーガンは東西冷戦を終結させた立役者であり、共産圏との対立は避けられそうにもありません。つまりアメリカ国債の金利と日本のアメリカ債買い付け問題というのは全く解消しないということになります。
安倍さんも国内問題から目をそらすために、外交実績を上げることに血眼になりそうです。言わなくてもわかると思いますが、日本がアメリカ債を買うことを報道は全く取り上げず、TPPなどの条件緩和の裏側には必ず、アメリカ債買いがあることを忘れてはいけません。
そのために連休前に国債買いのためのドル買い購入があるという見方は変わっていません。参考までにIMFのラガルドさんまでが中国に懸念を表明しています。
https://jp.reuters.com/article/china-imf-idJPKBN1HJ0FY
これを見ると、中国に不快感を表明していないと思われますが、一帯一路政策のキモはその国に融資をして、そのお金を返済ができないと見るや、その国の港を取り上げるということです。
その手先がAIIBなのです。要するに他国に返済できないお金を貸して、海洋進出を狙い、港などを取り上げるというのが中国のやり方であって、かなりマイルドに言っていますが、痛烈な批判です。ラガルドはフランス出身ですので、中国との貿易によって大きな利益を得ている当事国です。
つまり今までは中国寄りの発言に終始していましたが、これに釘を刺した、明らかな方針転換です。ラガルドは債務が成長を止めると考えている人で、過剰な借金に対しては辛らつな意見を言う傾向にあります。
その点、日本の過剰債務に関しては文句ばかり言っていました。そうなのであまりいい印象を個人的にはもっていませんが、この過剰債務問題の考え方には多いに賛同をすることができます。

テクニカル的にいうと

俗に底値100日と言います。100営業日というのは4-5か月のことを指しますが、昔は土曜日も営業しており、この言葉ができた江戸時代は年中無休です。つまり3か月の底練りを指すのです。
今回は2月中旬からのレンジ相場で3か月というと、5月中旬ごろがブレークアウトの日柄になります。短いレンジですと、20営業日前後でブレークアウトするのですが、今回は長いレンジです。ドル円でもそうですが、ユーロドルも長いレンジです。
このレンジというのは70営業日を超えてくると抜けてくる方向に玉を入れると長い相場になり、そして、息の長い相場になるのは、データ的にも証明されています。
こんど、ブレークアウトする方向性に玉を入れることは良いことでしょう。こういうこともわかっている人とは、思わなかったというひとも多いことでしょう(笑)。
(この記事を書いた人:角野 實

漫画でXM

関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    最新記事 2018/09/21
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    最新記事 2018/09/20
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ