794

現在794手法公開中!

FXコラム

トランプはアメリカ経済に自信をもっている?!

2018.03.11 | 
トラン...
トランプが北朝鮮との対話を決めました。このおじさんの発想はどうなっているのか、まったく意味不明なのですが、この背景には、政権の切り札が北朝鮮ということになるだろうと思います。あくまでも推察ですが、トランプはレーガンにあこがれていることは確かなことでしょう。
レーガンは支持率が低下したときに南米のグレナダを侵攻し、結果として支持率を爆発的に上昇させることに成功をしています。トランプがこれに倣っているのとすると、経済の上昇が支持率の拡大につながる、ゆえに、経済に自信があるから北朝鮮との対話に応じた、ということになります。
つまり北朝鮮というカードは、経済政策に失敗したときに用いるカードであって、これに自信があるから対話に同意をしたということになります。常識的に、国際会議で、対立国と会談をするということ、成功のない可能性の対話は行わないと思います。
かんたんに、アメリカと北朝鮮の対立は終わらないであろうと思いますが、この対話によって和平が行われると思います。本当に対話が行われるのであれば、この緊張状態が大きく緩和をされることになるでしょう。
このカードを切ったということは、アメリカ経済と中間選挙に勝つ見込みがあるからだと思います。トランプの望みというのはアメリカファーストではなく、たぶん、自身の政権の永続化にしかならないと思います。
自身の政権の永続化という目的が、アメリカファーストという手段になっていると、思います。目的がアメリカファーストではなく、永続化が目的というように、普段の発言などをみていると思います。

報復関税、アルミ、鉄鋼

なんとなく鉄鋼、アルミの目的は、アメリカ国内の鉄鋼、アルミ製造の設備稼働率が極端に悪いことが報道されてきたような感じです。これらの稼働率が悪いのは軍事、航空機、車などの製造業が不振であるということを意味します。
報道では軍事、航空機が問題視されがちですが、本当のターゲットは車です。トランプの発言を聞いていればはっきりとわかります。ともかく、軍事、航空機、車などの製造業の人員は非常に多く、これらの従業員の多くはトランプ支持を訴える人が過半になりますので、トランプとしては再選を狙うためには、当然の政策になるでしょう。
他国と摩擦を起こしても、これらの支持を取り付けたい、ある意味、中間選挙対策といっても過言ではありません。日本に対して、制裁対象国から外す、外さないという議論は、要するに円安になれば、日本からの輸入が激増するから、警戒してのことでしょう。参考までにトランプは2月から、ドル高への転換を示唆しています。

今後のアメリカ

何度も言うように、日本>アメリカにならなければ、円安にはなりませんよ、と言っている通りです。4月以降から円安になるとすれば、円安分、余計に日本>アメリカになりやすいでしょう。その材料は何か?と言われれば、よくわからない、というのが本音です。
ただ、2018年為替予想で示したように、そうなるでしょうね、としか言いようがありません。アメリカの課題は、今までの株高はドル安によって示現されてきたという事実から、今度は低金利ということになってくると思います。
税制改革の結果というのは4月以降に出てくると思います。またアメリカの税収も好景気を反映して増収になるでしょう。そうなると国債金利の低下が予想され、その結果、去年とは違い、ドル安からの株高ではなく、金利安からの株高を示現することになります。
つまり、今まではこのコラムでは、ドル安をテーマに扱いましたが、今後は金利をテーマに扱うことになると思います。相変わらず、日本にはよくなる要素がないのですが、ただ、円安になれば株価が上昇し、そして、その結果、おそらくアメリカを凌駕するような成長を遂げるかもしれない、と思います。
でも、日経が3万、って、ありえない数字を夢想するほど私はアホでもありません。2.7万円がいいところではないのでしょうか?為替も120円程度でしょう。
その前に4月の円高を予想すると、だいたい、100円前後、と考えています。今月の高値が109円くらいで、その達成日付が3/27の株式の権利確定日だとかんがえています。
この予想があたるかどうかはわかりませんが、こうやってだいたいのめどを言っておくと長期投資家にとって、こんな楽な展開はないと思います。こういうのがわからない人、予想できない人が短期にいくのです。当たり前の話をしておきましょう。
目先の利益を追う人は長期的な利益を失います。こんなの当たり前の話なのですが、理解できない人が多いようです。そして、長期的利益にはレバレッジが働きます。どちらを選ぶのが賢明なのかは火をみるより明らかなのに、いまだに、ランダム性を利用して目先の儲けを勝ち取ろうとする人が多いのには不思議に思います。
ランダム性をなくすということは、要するに東日本大震災のような災害をもう一度もたらすことになります。きょうは震災の日です。犠牲者に哀悼の意を表明するとともに、今までがんばって生きてきたみなさんに、よくがんばったね、と応援したい気持ちです。
(この記事を書いた人:角野 實

漫画でXM

関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    最新記事 2018/09/20
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    new 最新記事 2018/09/20
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ