798

現在798手法公開中!

FXコラム

フィラデルフィア連銀指数は先行指標

2017.12.22 | 
フィラ...
フィラデルフィア連銀指数は、ISM製造業指数の先行指標と言われています。
前回が22.7だったのが、今回は26.2ですので、予想以上によかった感があります。ただ、上記のグラフをみると大してよくはない、という感じです。
このグラフからわかることは、2015-16年、アメリカはあまり景気がよくなかったということです。これは、前から言うように、15-16年というのは、ドル高、国際的にユーロ安を誘導、だったのです。
そして、今年の4月からトランプがドル高に強い不満を表明し、その後、ユーロ安誘導が終了したのですから、結果的にドル安になりました。その結果、アメリカの経済が回復をした、ということです。
今年、いろいろヨーロッパで選挙があり、ユーロ安は正解なのかな、と思います。2018年はアメリカの中間選挙が3月から始まり、11月まで選挙モードです。2019年は日本が改元、参議院選挙、自民党総裁選挙、消費税増税とイベント盛りだくさんです。
私からみると選挙のたびに、その選挙が行われる国家の通貨を安く誘導しているのか、と思います。となると、来年、ドル安は確定的になるのかな、とは思います。
フィラデルフィアはアメリカの南部にあり、雪の影響は受けませんが、上記の12-3月の雪の時期はこの指数は低下しますが、同時に記載されている鉱工業生産指数よりは強い形になっています。
このフィラデルフィア連銀指数も15-16年の数字が悪かったぶん、17年が相対的に良く見えるだけの話です。2018年はこの数字を超えるのは相当に景気がよくならないと難しいですね。ISMの先行指数にもなりますが、数字だけをみるとISMにも期待できますが、それほどよくもない、という印象です。
フィラルディア連銀指数で特徴的なのは先行きの見通しもアンケート調査をしていますが、ミシガンやコンファレンスボードの消費者信頼感指数では、先行き6か月、1年の見通しがよくなっています。
ただ、5年先の見通しというのは、以前としてあまりよくありません。これがイールドカーブの景況感にも見通しにも影響を与えていると思います。
経済指標をみていると来年、1年後の景況感はいいように、消費者も感じているというような指標が多く、5年先だと、あまりよくないような状況です。これ選挙期間中はよくて、その後はダメなのだろうという想いなのかなとは思います。
これは消費者が支払った金額と、販売店が受け取った金額の差になりますが、たとえばリーマンショックのときをみると、小売と消費者の金額がほとんど一緒ですが、最近はそのかい離が大きく出ています。
これは販売者が儲かっていることを示唆し、現状の景気は良いという判断がつきます。となると短期の金利は上昇しても全くおかしくなく、アメリカは明らかに金利上昇フェーズに入っているといえると思います。

失業保険申請者数

この指標の注目は、年末のブラックフライデーから始まるアメリカの歳末商戦はアメリカ最大の消費月になります。
つまり、企業はここに向けて人を雇い、この年末の商戦が終了すると、レイオフをするのです。今年の売り上げは去年よりも多いのは事実になりますが、ただ、完全雇用にアメリカはなっていますので、人材確保が非常に難しい状態になっているということになります。
故にお給料は高い水準ですので、企業はレイオフを励むことになると思います。そういった点では、年末から年明けにかえてどのくらい失業保険申請者が増えるかは今後の焦点になります。

本日の相場

昨日は売るのが早すぎたと反省をしていますが、本日は、よくわからないのが本音。本日も多くの経済指標が発表されます。
ミシガン消費者信頼感指数は、その代表数字ではなく5年後の消費者の見通しが注目で、現状の景況感は良いに決まっていますので、それをみてマーケットが動くことはないと思います。
個人収入をみると、この数字もようやく個人の収入も増えてきたことがわかります。個人消費がピークにはまだまだの感じがあります。
クリスマス明けがどうなるかよくわかりませんが、円高方針には変更がありません。
(この記事を書いた人:角野 實

漫画でXM

関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    最新記事 2019/05/24
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    new 最新記事 2019/05/25
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ