811

現在811手法公開中!

FXコラム

個人投資家大乱入の米株はいよいよ大きな下げか

2020.09.14 | 
個人投...
このコラムではよくご紹介している、新債券の帝王ことダブルラインキャピタルの「ジェフリー・ガンドラック」が、メディアのインタビューに答えて、足元の個人投資家の株式市場への大量参入は、長いこと相場を見てきたものにとっては驚異的な状況であると発言し注目されはじめています。
これは同じように長く相場を経験してきているものはだいたい察しがつく話なのですが、だいたいバブル相場の末期に大きく値をあげるその瞬間に相場を埋め尽くしているのが個人投資家なのです。
少し前の話でいえば2000年のITバブルの最後、3000まできて相当いいレベルだと多くの市場参加者が感じたその時にさらに個人投資家が参入して相場を3000から5000まで引き上げる動きに加担しています。
もちろんこの高値で売り逃げられればこんなにおいしいバブルディールはなかったのですが、こうした単なる強気の個人投資家は結局下げ局面になっても逃げることができず逆に下落を押し目として買い向かい、それまでに稼いだはずの莫大な利益をすべて失って相場から退場していくことになります。

テスラ株の動きが2017年末のビットコインにそっくり

こうした個人投資家が乱入してきて嫌な感じになる兆候を示すもう一つの材料となっているの、がテスラ株の最近のチャートの形状です。
これは2017年末大きく上昇し、翌年急激にしぼんで完全にもとのレベルに戻ってしまったビットコインのチャートにテスラのチャートをのせてみた、いわゆるアナログチャート分析になります。
今回の下落で恐ろしくなるほど形状がそっくりになっており、テスラがこうしたビットコインの過去の動きを忠実にトレースすることになればもっと下がることが容易に予想される状況です。
そうはいっても所詮テスラ株だけの問題では?と思われる方も多いと思いますが、今年の春から市場を騒がせているロビンフッダー達は当初は安い株を買っては利益を出すという行為を繰り返していましたが、ここにきてはとにかくアップルとテスラ株に集中して投資を行うようになりはじめており、市場ではパニック買いなどという言葉も飛び出すかなり特異な状況を示現しはじめています。
このパニック買いといいますと、まさにビットコインの2017年末の暴騰相場であり、チャートの形状が似ているのもうなずけるものがあります。
そもそもテスラ株は特定事業者の株価ですし、ビットコインは株式ではありませんからなぜここまで相場の動きに類似性があるのかは正確には判断できませんが、とにかく指数関数的な上昇がでるのは大きな共通点です。
個人投資家が中心になって購入に一気に押し寄せる世界というものは、投資商品と関係なく同じような動きをすることだけはどうやら間違いなさそうな状況です。
ビットコインもこの時期はほとんどの市場参加者が、現物ではなくレバレッジをかけた仮想通貨FXで買い向かっていましたので価格が下がりだしたらもう一溜まりもない状況で、ロビンフッダーのテスラ買いもかなりそれに近い匂いを感じさせられます。

米大統領選が近づき相場は下がらないと盲信するのは危険

米国大統領選挙は一段とその実施日が近づいているわけですが、選挙があるから相場は下がらないと盲信するのも相当危険な状況で、今週米株がどう動くかが注目されますが、少なくともここからどんどん値を戻して元の軌道に戻るとは思えない雰囲気が続いています。
とくにテクノロジー株については完全に上昇しすぎの状況で、まだまだ調整の余地がありそうです。引き続きここからの相場は結構注意深く取引することが重要になりそうです。
幸か不幸か為替のほうは完全にどの通貨ペアもスタックしてしまったようでまともな動きにはなっていませんから損をしようにもそもそも取引ができない状況ですが、こちらにも月末には動きがでてくることになるのではないでしょうか。今はまさにエネルギーを貯める時間帯に見えてきます。
(この記事を書いた人:今市太郎

関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    new 最新記事 2020/09/22
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    最新記事 2019/06/08
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ