811

現在811手法公開中!

FXコラム

大した指標もない今週は結局新型コロナの感染次第の相場か

2020.07.06 | 
大した...
週明けの為替相場は特別大きな経済指標の発表もないことから、テーマは新型コロナの感染推移に回帰しそうな状況です。

東京は既に新型コロナお手上げ放置プレーゾーンに

これまで散々非常事態宣言がどうの、東京アラートがどうのを大騒ぎしてみた国内の新型コロナ感染ですが、7月に入ってからは連日100名を超える感染者がでております。
新宿など夜の街を中心にした検査が、こうした数字を示現させているのかもしれませんが、結局国も東京都もなんの対策もとらない放置プレーの世界に突入です。
個人が自己責任で、この状況にどう対応するか次第の恐るべき事態が継続中になってきました。
国も都もなにもしない状態が鋭角になってきた中で、今後感染が猛烈に拡大してしまう状況に陥った場合、この国は一体どう対応していくことになるのかが非常に危惧されます。
本来なら強烈な円売りということになるのでしょうが、他国の状況との相対的な関係からいえばリスクオフで円買いが進むことも想定されるだけに、為替の動きには相当な注意が必要になりそうです。
ただしどのタイミングでどう感染が爆発するかは、今のところ誰にも判らないのが現実です。したがって注意するといっても、非常に難しい局面に入ってきていることを感じさせられます。
5日に行われた東京都知事選挙では、結局なにもしないでお馴染みの小池都知事が圧勝で都政を継続することになりました。
足元の状況はなんら変化することなく推移することが確実になってきており、このままで果たして経済的に東京がコロナを乗り切ることができるのかが、非常に心配されることになってきています。

世界的に見ても感染はまったく制御できない状況に

本邦の対応が酷いのは当然ですが、他国の状況も際立ってウイルス感染が制御できている国は全くないのが実情です。
しかも経済を再開してしまうと、再度ロックダウンするのが非常に難しいという現実も明確になってきています。
こうなると経済への影響が確実に示現することはもはや間違いなさそうです。
個人投資家主導で株だけがなんら気にすることなく突っ走っている状況に、ブレーキがかかるのも時間の問題のようにみえてきます。
投資家もすっかり新型コロナには飽きが来ているのは事実です。しかし企業収益の悪化が、明確に顕在化するのはこれからとなります。
投資家の気分的な問題以外なにひとつとして改善していない業績の悪化進行と、株価とのギャップにいつ大幅修正が入るのかが注目されるでしょう。
Data ZeroHedge
上のチャートはNYダウの推移と、今後12か月のEPSの予想の比較です。
企業利益は驚くほど先行きが悪くなりつつあります。
株価が企業の業績にマッチした形で推移するのであれば、ここからすべてを無視して株価が上がり続けることに限界が到来するのは時間の問題になってきていることがわかります。
実際足元の株価について、経済指標を一切無視して買い向かっているのはもっぱらミレニアル世代だけのようです。
米国でも戦後に生まれたベビーブーマー、国内で言うところの団塊の世代は、すでに持ち株をどんどん換金している状況が顕在化しているようです。
さらにそれよりも激しい動きになっているのが、株式主体に運用を行っているファンド勢となります。
6月後半から猛烈な売り越しが進んでおり、多くの市場参加者がもはや上昇の頂点に近いことをすでに強く感じ取っているようで、一部の個人投資家だけが楽観的な取引からこの相場の高値に取り越される危険性はかなり高くなっています。
個人投資家主体で盛り上がる相場は必ずその個人投資家が大きな損失を食らって終わるのが毎回のケースです。
それだけに大損失のタイミングが近くなっている点は、相当意識しておく必要がありそうです。
下手をすれば新型コロナの感染再拡大が引き金となって、8月まで相場は持たない可能性もありそうです。
(この記事を書いた人:今市太郎

関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    new 最新記事 2020/08/15
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    最新記事 2019/06/08
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ