811

現在811手法公開中!

FXコラム

今年「セルインメイ」はワークしないのか

2020.05.20 | 
今年「...
例年この時期になりますと、株価4月後半もしくは5月に一旦ピークをつけて下落するものですが、どうも今年は過去20年の動きの平均とは異なるようです。
3月の新型コロナ起因の大暴落から、いわゆるシーズナルサイクルというものが機能しなくなっている状況です。
米株は完全にコロナバブルに浮かれた状態ですが、それなりにボラティリティも高く、ここからさらに上昇できるのかどうかが気になるところです。
東京タイムでドル円に大きな影響を与える日経平均に注目してみますと、やはり今年の動きは過去20年の平均とはかなり異なっていることがみえてきます。
Chart EquityClock.com
上のチャートが過去20年間の日経平均のシーズナルサイクルを示したものになりなす。
一方今年の年初からの動きは下のチャートです。
2月に向けて相場が下落したのはある意味例年どおりとなったわけですが、今年は2月から新型コロナの感染騒動が大きくなりましたので3月からの動きは全く異なるものになってしまい、その後4月から5月にかけては逆に上昇軌道にあることがわかります。
本来国内景気もまったくよろしくないわけですから、FANG銘柄もないのに日本株が米国株と同じような動きをするのは実に不可思議ですが、むしろ日本株のほうが値幅は小さいものの積極的に上昇しようとしていることが見えてきます。
すでに5月も後半にさしかかってきていますので、このまま6月に向けて上昇してしまうのかどうかが気になるところですが、今のところは高値で売っておけばそのまま下がるというような動きにはなっていないのが実情です。

ドル円も下がらないまま夏に突入か

さて、毎回ご紹介している上のチャートが円の動きでクロス円全般に言えることですが、上方向は円高、下方向は円安ということで5月あたりから夏に向けては徐々に円高が示現し秋口にまた円安へと戻っていくというシーズナルサイクルは今年、ワークしない可能性も出始めている状況です。
トランプ大統領がいくら強いドルを支持するといっても、闇雲にドルが上昇するような地合ではありませんが、市場には引き続きかなり強いドル買い需要が残されております。
ドル円の場合は買い向かっても110円を大きく超えていくほどの威力はなさそうですが、とは言って売っても下がらない妙に下値の堅い状況が続いており、積極的に取引する気にはなれない時間帯が続いています。
ただ、動かないだけにリスクも少ないので枚数を増やしてスキャルピングに専念すれば、小遣い稼ぎはできますので、割り切った取引が必要なのかも知れません。

株式の領域ではロング&ショートを行うトレーダーも多いが・・・

株式市場では相場がここから本当にV字回復するのか逆に二番底をつけにいくかが全く判らないことから、FANMGを買ってS&P500を売るといったロング&ショートを現実に行っているトレーダーがプロを含めて多くなっているようです。
しかし、ことFXに関して言いますと相関係数が大きく異なることだけで二つ以上の通貨ペアに分散投資をおこなっても大暴落が来ると一定方向の動きになってしまいます。
結局どれもこれも大損しかねない状況ですから、通貨の中だけで分散投資をしても仕方がなく、金なのかビットコインなのかは考える必要がありますが、全く別の商品を組み入れる必要がでてきている状況です。
ただし、今年3月の大暴落では長年確実な利益を確保してきたリスクパリティ戦略を行使するヘッジファンド勢が軒並み大損に陥っており、分散投資もほとんど意味がないことを証明してしまっています。
投資領域を広げることも必ずしもリスクヘッジにならないことを考えておく必要があるのです。
まして資金力のない個人投資家の場合、余分なことをして証拠金を無闇に減らさないほうが重要ともいえるわけです。
ポストコロナでは明らかに相場の動きに変化がでるものと思われますが、ここからどうやってトレードしていくかは改めて真剣に考える必要がある時間帯となってきているようです。
(この記事を書いた人:今市太郎

関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    最新記事 2020/09/24
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    最新記事 2019/06/08
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ