810

現在810手法公開中!

FXコラム

イエレン議長のチキンな性格が戻ってきた?

2017.07.13 | 
イエレ...
イエレン議長」の議会証言に伴って事前にその内容を示すペーパーが午後9時半近くに公表されたことから、ドル円相場は大きく下落することになり一時113円台を割り込む場面もあり、その後もなんとか113円を維持したもの価格の戻しは覚束ない状況で、再度112円台を試しそうな動きになっています。 

景気低迷が一時的の根拠はほとんどよくわからない

イエレン議長」の説明を聞くと、なぜ6月の「FOMC」で前のめりになりながら利上げの継続の断行と資産縮小を打ち出したのかその根拠はほとんどよくわからない状況で、ここへ来て今後の利上げは経済指標次第と言い出している点は明らかに政策の後退感を匂わすものになっているといえます。
ただ、利上げに慎重な割には資産縮小は年内に実施と妙に部分的に強気な判断をにじませるあたりもその真意はよくわからない状況で、この程度の判断要素ならなぜ景気拡大96ヶ月などという成長の末期も末期となるこの時期にあわてて利上げを行うのかは相変わらず不明といえます。
今のところ景気には利上げの影響は大きく現れていないように見えますが、水面下ではかなり様々な状況に変化が現れており、実は1937年ごろの米国の金融当局の判断と同じでやるべきではない利上げとしてしまったのではないかと強く危惧される時間帯にさしかかってきています。
結果はもう少しまっていればわかることでしょうが、トランプの政策との親和性も低い金融引き締めに経済的根拠があるのかはいくら説明を聞いても納得できません。

退任前の自らの花道演出か

もっともわかりやすいのは来年2月の退任に向けて最低限金利の正常化と「バランスシート」の正常化だけは実現して、来るべきリセッション・株価暴落に「FRB」として適切な金融政策に巻き戻しておきたいというだけの理由のような気がしてならない状況です。
賃金もろくに上昇しないなかで延々と借金経済を継続する米国だけが「インフレ」2%を簡単に実現できるとは到底思えず、本当に市場の状況を正確に理解しているのか甚だ疑問な状況が続いています。
イエレン議長」の優柔不断発言を受けてまたしても米国10年債利回りは低下をはじめており、金利を本当に上げたいのか下げたいのか結局イエレンチキン発言が市場を惑わす結果になっています。

サンフランシスコ連銀総裁のときに景気判断に失敗した前科者

イエレン議長」といえば2007年サンフランシスコ連銀の総裁を務めていた時代にも「サブプライムローン」に直面しながらたいした問題ではないと金融引き締めに動いて大失敗している、言わば景気の現状に対する目利き感の一切ない人物として有名ですが、足もとの利上げも単に株価が最高値を示現し続けている間にとにかくもとに戻しておきたいと思っている程度の話で、そこにはたいしたロジックが存在しない可能性を強く感じる次第です。
自動車の「サブプライムローン」は日本円にして110兆円あるローンの既に3割に上昇しており、とりっぱぐれも9%といよいよ「リーマンショック」前のレベルを超えるとこにまで迫ってきています。
明らかに金利の上昇が米国の借金社会に大きなしわ寄せを作り始めていますし、住宅の着工件数にも暗い影を落とし始めており、本来資産の縮小などは口が裂けても持ち出すべき政策ではないはずですが、まったく意に介していないところもえらく気になるところです。
株式市場が癇癪をおこすのは8月なのか9月なのかはわかりませんが、イエレン在任中に大きな下げの洗礼と受けて任期が切れそうな雰囲気満載で、ここからは相当相場に注意したほうがよさそうです。

秋口になればすでにレイムダック化か

足もとではすでに新たな「FRB」議長の名前も飛び出し始めていますが、このままでいけば秋口にはイエレン自身がレイムダック化することはどうやら間違いなさそうで、その中での政策実施がどこまで実現できることになるのかも大いに注目されるところです。
(この記事を書いた人:今市太郎



関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    new 最新記事 2020/07/06
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    最新記事 2019/06/08
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ