FXコラム

11月SQと日経平均株価と&ドル円の値動き

2017.11.08 | 
11月SQ...
衆院選で与党が大勝したあと日経平均が大幅に上昇しました。この動きはある程度予想はついていましたが、想像以上に強いです。22000付近で少しもみ合うような動きがあったので節目になるかと思いましたが、一気に上抜けて23000円に接近してきました(11/7ナイトで到達)
一日の動きも400円以上上昇する日が出てきて、人気相場がさらに加速してきたような感があります。1996年の高値を抜きバブル崩壊後の高値を更新しました。現在の日経平均は長期トレンドから見ても明らかに新波動になってきていると思われます。
今回の11月SQですが、こうなればほぼ確実に高値SQになりそうです。23000付近円ですが節目になりそうなこの値段も通り過ぎてさらに上がありそうですね。
このような直線的な上昇を見せたのは最初の日銀の金融緩和時の2013年4~5月の11600円⇒15900円の4300円近い上昇以来でしょう。
今回の下値は19200円付近なので同じ値幅だとすると23000円台半ばになります。もちろん、価格水準が違っているので率から計算すればもう少し上値があるかもしれません。少し空恐ろしいような気すらします。

現在の日経平均のチャート

日経平均 週足 パラボリック
パラボリックで週足を表示すればこういう感じになります。さすがに相場が大きく動くときに威力を発揮する順張りの指標は今回の上昇を的確に捉えています。
前回の大統領選後の上昇相場も16000付近の押し目を買いとしてしていますが、その後の上昇時の値幅はかなりあります。
問題は後の長期間のもみ合いをどう対処したかですが、今回の上昇まで大きなロスなく持ちこたえていれば大勝ちできたでしょう。週足は2万円で買い転換でした。現在、9週連続で陽線が出ています。
日経平均 日足 パラボリック
日足で見てもはっきりとわかりやすい壮大な上昇トレンドになっています。一度だけ中央の小さな下ヒゲで反転していますが、これはダマシでその後も上昇しています。
妙に相場の目端が効いて「小さな下ヒゲで首吊り天井の形が出た。過熱相場で売りだ」と思って売りでエントリーしていると、たちまち吊り上げられたでしょう。現時点でもまだ本当の天井がいつになるかは全くわかりません。
日経平均 練行足 
最後に練行足です。このように大きく動いた時に威力を発揮する指数はおしなべて大勝ちになっています。練行足は時間間隔を無視しているので全体の中に動きがコンパクトにまとまっています。17000円割れのポイントは去年の大統領選挙時の押し目です。
陽転したところで買えば今回と合わせて大きく取れていますね。問題は年中央のもみ合いをどう凌げたかでしょう。基本的に大相場になれば自然に取れるので、もみ合いになったところをいかにロスを出さずに凌ぐかという技術が問題になってきます。
しかし、今年の相場なら変にフィルターをかけるつもりで指数をいじらなかったほうがよかったでしょう。いろんなチャートを使って、途中のだましも含めてひたすらドテンした場合のシミュレーションを検証している人もいますが、今年の日経平均なら、順張り系のテクニカルトレードは問題なくそれで勝てています。
結果を振り返ってみれば、去年の米大統領選と今年の衆院選が数年に一度の大相場になりました。

ドル円為替はもみ合いながらも円安方向へ

ドル円為替  週足
こちらは予想通りになっています。現在、115円のレジスタンスに接近してきました。今年は年初頭の119円が高値で110円割れの円高になったあとでボックスゾーンの動きになっています。
振り返ればLのポイントが円高のピークだったようです。ここをボックスの下限の二番底と見ます。現在は上限の115円に接近していますがここからは神経質な動きになるでしょう。
前回も述べましたがドル円はアメリカの貿易上の圧力が働いているので一方的な円安はありえないと思います。ただ、ボリンジャーバンドを見ればσ+3が上に膨らんできているのでここからは抵抗帯突破の可能性があります。
しかし、そのペースは日経平均に比べればはるかにゆるやかで一進一退といった感じの上昇になるでしょう。年末までもう二ヶ月を切りましたが果たして115円のボックス上限を抜けてくるかに注目です。
FOMCで12月の利上げは見送られるとの観測もありますが、現在の好調なアメリカ経済と株高を背景に利上げが行われる可能性は高いと予想します。インフレ率は低下傾向ですが雇用統計は好調なのである程度決まったペースで利上げが行われる方が望ましいでしょう。

まとめ

★日経平均の11月SQは高値へ。記録的な上昇で天井は未だに見えず。
★順張り系のシステムは今年の日経平均は大勝利。去年の米大統領選と今年の衆院選は年に一度の大相場。バブル崩壊後の高値をついに更新。
★ドル円為替は一進一退ながらもゆるやかな円安に。現在ボックス上限の115円付近だが年末まで上抜く可能性も。
(この記事を書いた人:隼人)

関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在5人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    new 最新記事 2017/11/22
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    new 最新記事 2017/11/22
  • Qt

    多くのメディア、個人の発信などをインプットし、多面的な視点を持つ。

    CLICK

    最新記事 2017/11/20
  • 隼人

    新ライター

    CLICK

    最新記事 2017/11/16
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意