786

現在786手法公開中!

  • HOME
  • FXコラム
  • Qt
  • ECB通過で強いのはユーロよりも○○、ドル売りの流れは止まらず

FXコラム

ECB通過で強いのはユーロよりも○○、ドル売りの流れは止まらず

2018.01.29 | 
ECB通過...
1月第四週(1/22~1/26)は、日銀会合・ECBドラギ総裁発言など各国中銀の動きが注目された一週間。
国債買い入れ減額による「ステルステーパリング疑惑」を打ち消すかたちで金融緩和の現状維持を続けることを公言し株・為替ともにやや持ち直したものの、やはり「ドル売り・円売りからのドル円下落」といった流れを打ちきれず。
対してユーロ・ポンドといった通貨はドラギ総裁会見という重要イベントをこなしながら非常に強い展開が続く状況になっています。また前週はムニューシン米財務長官、トランプ米大統領からドルに対する言及が何度もされ、それも相場を動かす材料となった週でした。
ボラティリティが出るのはいいことではあるのですが、大統領就任時のような突発的な発言による値動きは健常とは言い難いですね...。それでは、1月第四週の動きを振り返っていくとともに、2月第一週(1/30~2/3)の重要スケジュールを確認していきましょう。

1月第四週はポンドが強く、「ドル最弱」は継続

1月第四週の各通貨の強弱を確認してみると、ここのところの流れを踏襲しドルが最も弱い動き。 
またドラギ総裁の発言がありユーロ買いが強く見られたものの、一週間を通してではポンドが最も強い通貨となりました。ポンドは2016年のBrexitの下げ分をほぼほぼ取り戻したかたちになり、対ドルではかなり強い動きを見せる推移に。
対円に関してはそれよりはやや弱めですが、やはりドルが弱すぎるということもありユーロドル・ポンドドルはかなり強い買われ方となりましたね。一方でドル円は110円を割れこんでからはとどまるポイントを見つけられず、ずるずると値を下げる展開になっています。
昨年9月以来の数値となっていますが、昨年9月は北朝鮮の地政学リスクがかなり表面化した月で、それを受けて株安円高が見られた期間でした。
今現在は地政学リスクに関しては比較的落ち着きを取り戻しており、株は日米両方とも当時よりかなり高くなっているも、ドル円は当時の水準という値...。
これに関しては「ドルに関して買われるような材料・トリガーが出てきていないこと」「アメリカの利上げに対する期待よりECB利上げへの注目が集まっていること」「投機筋の円売りポジションが未だ高い傾向にあること」、と理由となりそうな要因をあげればきりがないのですが、やはり三点目、投機筋の建玉が整理されない限りはくっきりとした反転を目指すことも目先は難しそうに思えます。

ドラギはユーロのボラティリティに警戒も...

ドラギ総裁の会見に関しては、個人的にはそこまでユーロが買われるような内容でもなかったような気がするのですが、初動がユーロ買いで反応したことから流れがそれについていった感じとなりましたね。
「インフレ目標の達成に自信」「欧州経済は予想を超えて堅調」といったタカ派...というよりは欧州経済の好調を金融引き締めの予兆として結び付けてのアルゴ買いだったのでしょうが、一方で「ユーロのボラティリティが不確実性を生む」「ガイダンス変更に関しての市場の感度は意識している」「年内利上げの可能性は極めて小さい」とユーロを牽制、ややハト派寄りな発言も見られました。
これからの欧州経済指標を見据えつつのユーロの経済引き締めは緩やかに始まっていくことが予想されますが、ユーロに関してもIMMの投機筋建玉におけるネット買いポジションは過去最大級にあり、これをどうこなしていくか、ということは注目すべき点だと言えそうです。

来週のドル円は重要指標次第で厳しい展開か

来週のスケジュールを見ると、
・1月30日(火) カーニー英中銀総裁議会証言、トランプ大統領一般教書演説
・1月31日(水) 米ADP雇用統計
・2月1日  (木) 米ISM製造業景況指数
・2月2日  (金)   米雇用統計
また2月3日にはイエレンFRB議長の任期終了、後任のパウエル氏の就任が決定されています。
最近の米指標発表に関してはそこまで値動きが生まれることは少ないですが、それでも雇用統計レベルであれば30銭~50銭程度は動くことも予想され、これ以上円高に振れると108円割れ、というパターンもあり何とか踏みとどまりたいところ。
米指標が弱いようだと、それがそのままインフレ率低下懸念、ひいては金融引き締め後退懸念にも繋がるため、来週の米指標はやはりかなりの注目しておきたいイベントだと言えるでしょう。
(この記事を書いた人:Qt)

関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在5人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    new 最新記事 2018/04/25
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    new 最新記事 2018/04/25
  • Qt

    多くのメディア、個人の発信などをインプットし、多面的な視点を持つ。

    CLICK

    最新記事 2018/01/29
  • 隼人

    新ライター

    CLICK

    最新記事 2018/01/25
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ