• HOME
  • FXコラム
  • 日銀会合開催も大きなサプライズは無し。課題は長期金利のコントロール

FXコラム

日銀会合開催も大きなサプライズは無し。課題は長期金利のコントロール

2016.12.21 | 
日銀会...
14日の「FOMC」、20日の「イエレン」会見を終え、次のイベントとして焦点が当たったのが日銀会合。数か月前に比べると非常に良くなったと言える相場環境のなかでの開催となりました。

日銀会合、黒田会見での大きなサプライズはなし

まず初めに、今回の会合では大方の予想通り追加緩和や金融政策の変更はなし。それにも関わらず先物が買われたりドル円が上昇したりするのには違和感がありましたが...
株式に関しては日銀の「ETF」買いがあったため納得出来ますが、円売りに対してはそういう地合いなのか、という感想です。
ついこの前まで現状維持だと報じられた瞬間に大きく売られる、といった展開もあっただけに、今の相場の異常な強さを感じますね。 
政策会合での決定内容はそれほど重視されるものではなく、今回の焦点は「黒田総裁」に対する質疑応答でしょう。トランプ相場による市況の良化、長期金利の上昇について等、ここ一か月ほどで大きく変化した相場をどう捉えているか、というのが重要なポイントでした。

いつも通りの質疑応答。ドル円は再び急伸

まず1ドル118円まで進んだ為替市場に対しては、それほどの円安相場ではないと回答。
今年2月の水準まで戻っただけ、という発言をしていましたが、黒田総裁も心の中ではかなり嬉しいのではないでしょうか。自身の行った「マイナス金利政策」が今年に入ってからの円高を引き起こしてしまった一因であるだけに、現在の為替水準は思わぬ好サプライズ、と言えます。
また、前々から言われていた通り景気判断をやや引き上げることについても言及。12月調査の日銀短観においては、大企業・製造業の業況判断指数が改善するなど改善を見せていました。
景気判断の引き上げ理由についてはトランプ大統領誕生による相場環境の良化には直接は触れず、他国経済、輸出生産・消費の持ち直しなどと発言。総じていつも通り当たり障りのないように発言している、という印象を受けました。
個人的には現在のような相場環境における長期金利のコントロール、そして現在の「金融緩和」の出口戦略についてどう語るか、ということに注目していましたが...

テーパリング、出口戦略については言及されなかったが・・

アメリカ10年債利回り(長期金利)の上昇にあわせ、ヨーロッパ、日本の長期金利も大きく上がっているのは周知のとおりであると思います。長期金利の上昇はインフレに結びつき、当然好ましい点もあるのですが、日本の場合は「長期金利の誘導目標」が存在するのがネック。
今年9月に決まった「長期金利利回りを0%程度に誘導する」という目的のために国債購入や指値オペを行ってきた、というのが現状です。
しかしそういった日銀の政策も、より大きな流れに逆らうことは難しいでしょう。アメリカの長期金利が上がればそれに連動して日本の長期金利も動くでしょうし、やはり海外要因というのは重要なポイントです。 振り返ってみれば現在の「物価上昇率2%」という目標が先送りになり続けているのも原油市況の悪化や新興国経済の不調という理由があります。
物価上昇率2%を達成できないのは日銀の金融政策に欠陥があるから、という意見もありますが、欠陥というよりはやはり限界があるのではないでしょうか。
日銀の政策のみで日本経済をコントロールする、というのは困難であり、やはり世界的な経済動向に振り回されてしまう、というのは不可避な事実であるためです。
長期金利が上昇すれば、0%誘導のためその分国債購入を増やすことも考えられるわけですが、当然その購入額にも限度がありますし、またそれを行っても長期金利は上昇し続けてしまう、という懸念もあります。国債買い入れを増やすことは更なる追加緩和、と暗に言うことも出来ますし、そうなると出口戦略もなにも無くなってきてしまう展開です。
そんな状況もあり、今回の質疑応答でも出口議論、つまりテーパリング(緩和縮小)については詳しくは述べることはしない、という発言をしたわけです。
ひとまずこれからの短期視点としても焦点となるのは日銀の政策ではなく、アメリカの政策というより大きな存在となるわけですが...。以前にも書いた通り、アメリカ、ヨーロッパがテーパリング、またそれに似た政策を進行させつつある中、日本は「金融緩和」の終わりに対してどういうスタンスをとっていくのか、は引き続き注視したいところです。
(この記事を書いた人:Qt)

関連記事 こちらの「FXコラム」もご覧ください

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    new 最新記事 2017/08/24
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    new 最新記事 2017/08/24
  • hiro

    テクニカル・ファンダメンタル、幅広い確かな知識で記事を執筆!

    CLICK

    最新記事 2016/06/19
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意