811

現在811手法公開中!

FX手法

FXはただブレイクした方向へついていくだけ

2016.02.15 | 
 

32回

FXはた...

FX商材をいくつか買ってみてみるもうまくいかず。いろいろ試してるうちに思いついた一つです。欧州時間のみやります。その理由は、東京時間、ニューヨーク時間に比べ長い時間をかけて値幅を作り緩やかなトレンドを作りやすいからです。
東京時間やニューヨーク時間は寄り付きあたりに一気に動き戻すか、レンジを作ることが多く適していないと思っています。

FX手法概要

手法名 ブレイクFX手法
開発者 トライダーZ
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング、デイトレード
時間足 5分足、1時間足
通貨ペア ユーロ円、ポンド円
分析手法 移動平均線、高値安値
その他選択項目 ナンピン、順張り
取引市場 欧州市場 ポジション保有時間 1分~10分
FX業者 SBIFXトレード 月間取引頻度 20回
エントリー注文 成行 決済注文 成行、逆指値
勝率 80% 損益レシオ R=0.5
平均利益 3~15pips 平均損失 -20pips

15:00~18:00の高値・安値更新を狙う

まず、その通貨の平均値幅を調べます。
最近ですと、ポンド円なら150pip~200pip。ユーロ円なら100pip~150pip。
東京時間にある程度ボラティリティーがあればその日はやりません。そして5時から13時までの高値安値にラインを引いておきます。
時間は目安ですので多少変わります。14時頃からチャートを見はじめ15時には始められるようにする。18時にはFXトレードを終了します。
引いたラインをブレイクしたならトレードを開始します。一応移動平均線は目安として引いています。
あとは高値または安値を更新するたびひたすらエントリーです。チャート上の矢印よりもっと細かく売買しています。

損切りと利益確定方法

損切りは高値(安値)更新が難しく感じたとき。30分以上レンジになれば切ります。
利益確定は3pip~15pip出れば。エントリーして即利益確定するときもあります。
長ければそのまま利を伸ばしますが、メンタル的にきついと思えば即手仕舞います。

トレンドが発生しなかった時はやらない

ただ単純についていくだけですが、トレンドが発生しないときは何もできないし、余計なことをしないためチャートは閉じます。
それとトレンド終了して戻しが入ったときコツコツドカンをやりかねないので、損切りも利食いもさっさとしてしまったほうがいいです。
あとは、トレンドが発生しなかった時も見切りをつけやらないことも重要です。一回の利益が少ないですから、やらないことで損失はできる限り減らします。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

32回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

811

ページトップへ