811

現在811手法公開中!

FX手法

暴落時にボリンジャーバンドを用いたスワップ狙い長期保有手法

2020.04.20 | 
 

4回

暴落時...

始めにこの手法はかなりハイリスクハイリターンであるため、手堅く資金を増やしたい方にはお勧めしていません。
また本トレードではスワップポイントも狙うため新興国通貨であるトルコリラを扱います。
しかし新興国通過はボラリティが大きく資金管理によっては急激な相場の変動で追証が発生する恐れがあります。
したがって資金が少なく比較的ハイレバレッジでトレードを行う方は追証のない海外FX会社で取引を行うなどの対策をお勧めします。
また私がこのようなハイリスクハイリターンなトレードを行った理由としては2つあります。
・1つ目は元金が少なかったためボラリティの大きい通貨ペアにする必要があったため
・2つ目は毎日何度もエントリーするのが大変なためエントリー回数を極力減らしたかったため
同じような考えで、なおかつ余剰資金がある方はこのトレード手法を試してもいいのではないかと私は考えています。

手法概要

手法名 暴落時のみエントリーでスワップ獲得手法
開発者 小林広輝さん
勝てる? 勝てない
取引スタイル 長期保有
時間足 日足、週足、月足
通貨ペア その他
分析手法 ローソク足
その他選択項目 低レバレッジ、指標トレード
取引市場 東京市場 ポジション保有時間 半年
FX業者 XM 月間取引頻度 1回以下
エントリー注文 成行、指値 決済注文 成行、逆指値
勝率 50% 損益レシオ R=1
平均利益 2000pips 平均損失 -2000pips

エントリー詳細

基本的には週足と日足をみてダブルトップやトリプルトップなどの典型的なチャートパターンが美しく形成されたときに、レバレッジ3倍未満で売りエントリーを仕掛けます。
(ボラリティが極めて大きいため必ずレバレッジは低めにしてください。)
エントリータイミングの例として画像の「水色矢印」を参照してください。
個人的に週足で綺麗なダブルトップを形成していない場合はエントリーしないほうがいいです。
またエントリーポイントとしてはボリンジャーバンドのσ2を超え、戻ってきたタイミングで入るようにしています。
エントリー後に大きく逆行した際(σ2をふたたび大きく超えるなど)は2倍のポジション量でドテンすることもあります。

損切りと利益確定

損切りは-2000pipsで逆指値注文を入れておきます。
これよりも小さいオーダーで指値注文を入れても良いのですがボラリティが大きいため、読みが当たっていたのに損切りになるといううことがよく起こるため、あまり損切りのオーダーを小さくしすぎないほうがいいと思います。
(自分のトレードでは勝率が50%で損切りと利確が同じ2000pipsに設定していることが勝てない原因でもあるので、もう少し損切りラインは小さくする余力はあるのかもしれないと思ってたりもします。今後トレードを続けて、より適切な損切りラインが見つかればまた投稿します)
利確ポイントについてですが、基本的には損切りラインと同じ+2000pipsに設定しています。ただ、トルコリラはスワップポイントがつくため最悪エントリーポイントで決済してもポジションを保持してた日数分スワップがつくため、逆指値としてエントリーポイントで決済するようにしています。
また順調に進んだ場合には+2000pipsで決済せずに逆指値を小さくしていくことでできる限り大きく利益を取るよう心掛けています。
私はトレール幅を500pips程度に設定して放置しています。

まとめ

本トレード手法はギャンブルに近い要素もあり、かなりハイリスクハイリターンとなっているため、少ない資金を手っ取り早く楽して増やしたいか、資金に余裕があるかた向けとなっています。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

4回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

811

ページトップへ