800

現在800手法公開中!

FX手法

もみ合い相場:ボリンジャー±2σと±3σの間で売買

2014.06.30 | 
 

4回

もみ合...

borinsinyou

FX初心者の時に、ボリンジャーバンドで取引をしました。結果は損失がでました。

ボリンジャーバンドは±3σや±2σなど、価格が反転するポイントとして有名なのですが、イマイチ僕の中では信用ならないシステムです。


FX手法 概要

手法名 勝てなかった逆張りのFX手法
開発者 jyuns さん
勝てる? 勝てない
取引スタイル デイトレード
時間足 15分足、1時間足
通貨ペア 米ドル円、豪ドル円
分析手法 ボリンジャーバンド
その他選択項目 低レバレッジ、逆張り
取引市場 NY市場 ポジション保有時間 3時間
FX業者 ヒロセ通商 月間取引頻度 50回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 50% 損益レシオ R=0.7
平均利益 +20pips 平均損失 -30pips

ボリンジャーバンドの幅の収縮を確認!

90kateru

雑誌でFXの特集をやっていまして、その中でボリンジャーバンドを使ってFX取引しているという人がいました。

本業がありながら、ニューヨーク時間帯だけで取引するということでしたが、やがて大きく勝てるようになってFXの専業になったそうです。実際にそうなったのかは、誰も知る事はできませんが。

その人が勧めていた方法をやってみましたが、これが期待外れであり勝てませんでした。

簡単にいえば、バンドの±3σと±2σまで価格が到達するのを待ちます。

そのなかで反転するのは、90%以上の確率らしくて、そこでFX取引すれば勝てるとのこと。ただし、上昇が進み過ぎている場合や下落が進み過ぎている場合は、自重した方が良いという事でした。

ボリンジャーバンドの幅が、狭くなっている時にチャンスだそうです。その人は、この逆張りのFX手法で、フェラーリを買えたらしいです。これも、本当か嘘か分かったものじゃありませんが。

書いてあった方法そのままで、自分も試してみましたがダメでした。

1万通貨の取引でやったので、大きな負けにはなりませんでしたが、それでも自分にとっては痛い損失でした。

ボリンジャーバンドが狭くなっているという形を見抜くのが、意外と難しかったので、「狭くなっている」と感じて取引しても損切りになってしまう事が多かったです。


FX雑誌は広告を売る為にある

fxkatenai

翌々考えて見ると、雑誌に掲載してあるFX手法は基本的に、広告を売るための雑誌ですので、広告見てもらうとわかると思いますが、FX会社や証券会社の広告で一杯です。

その人達に不利益になるような記事を書くとは思えません。FXは勝てないぞ」なんて書いたら、誰もFX会社の口座を開設なんてしませんもんね。

FXが難しいと分かってからは、基本的に本当に美味しい時しか入っていかないようにしています。

為替介入が美味しい時だと思うのですが、現在100円台ですので、ここで為替介入に入るとは思えないので、とりあえず、今の時点では止めています。

ただ、FX手法を検証することは楽しいと思っているので、バーチャルトレードで遊びながら、パターンの確認をほぼ毎日やっているところです。


この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

4回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

800

ページトップへ