783

現在783手法公開中!

FX手法

ATRに水平線を引いてトレンドをとらえる!

2014.06.21 | 
 

18回

ATRに水...

最近よく使っているFX手法を紹介させていただきます。ATRをご存知でしょうか。
ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)はボラティリティを分析するのに良いツールです。
しかも価格よりも早めにシグナルがでるので、使い勝手が良いです。特に30分足のトレードにおいて、ATR期間14の設定はかなり良い反応を見せます。
通常、30分足はあまり使うような時間足ではなく、15分足や1時間足を見ればまったく必要のない時間足だと思います。しかし、検証の結果、ATR期間14と30分足は相性が抜群だった為に使用を決めました。
それに、EMA14を組み合わせてエントリーするFX手法です。

ATR・EMAを使ったFX手法の概要

手法名 FXでATRを使ったトレンド手法
開発者 hideo100 さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 30分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル
分析手法 移動平均線、ATR
その他選択項目 ハイレバレッジ、順張り
取引市場 オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 5時間
FX業者 FXDD 月間取引頻度 10回
エントリー注文 成行、指値 決済注文 指値、逆指値
勝率 50% 損益レシオ R=2
平均利益 +30pips 平均損失 -15pips

ATRを確認してEMAでエントリー

通貨ペアの設定からご説明します。
自分の場合は、主に米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドルでこのFX手法を使っています。
長期でポジションを持つわけではありませんので、ポンド円やポンド米ドルなどのスプレッドが広い通貨ペアは避けた方が良いと思います。
使うテクニカル分析は、冒頭でもお話しましたとおり、ATRとEMAです。ともに期間は14にしてください。この2つのインジケーターを30分足に表示します。
(例)では買いポジションを持つ場合について記載します。
1.ATRでの大きな「山」や「谷」に水平線を引く
2.そのライン(ATR)のブレイクを確認する
3.ローソク足がEMA14の上に位置している
4.EMA14に戻ったところで買い注文(成行・指値)どちらでも良い
注意点は、EMA14は水平ではなく、できるだけ角度が出ている場面を選ぶこと。ATRの小さい山や谷は無視をすること。
※エントリーイメージ

ローソク足の勢いに注視して利益を引っ張る!

利益確定ルールは、+30pipsを基本としますが、ローソク足に勢いがついているようであれば、+50pipsまで持ちます。
他の時間足との兼ね合いも重要で、例えば1時間足や日足などの重要なサポートやレジスタンスを突破した場合は、トレンドが発生する可能性が高いです。
このような場合は、30pipsで決済するのは非常に勿体ないので、頑張って保有して下さい。
損切りルールですが、これは-15pipsにしています。-10pipsや-20pips、または直近のサポートやレジスタンスブレイクなど、様々な損切りパターンを検証しましたが、-15pipsで固定するのがこのFX手法では一番成績が良かったです。
※ユーロ円30分足 決済イメージ

理想的なFXの投資スタイルといえる!

ATRの動きに左右されますので、それほど取引頻度は多くありません。
保ち合いのFX相場では、目立った「山」や「谷」が出難いという特徴があります。それが、変なポイントでのエントリーを抑制しているとも言えます。
また、それにEMA14を使うことで、ある程度のトレンドを掴む事も約束されています。
平均損失-15pipsに対して、平均利益は+30pipsを超えますので、勝率にもこだわる必要がありません。取引回数が少ないことを気にしなければ理想的なFX手法であると思いますのでFX初心者の方にもおすすめできます。
※海外FX業者で最も重要なのは100%出金できること!
出金拒否なし、安全な「海外FX業者」はこちら↓↓

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

18回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

783

ページトップへ