800

現在800手法公開中!

FX手法

4時間足のRCIとピボットでのんびりFXトレード

2014.02.21 | 
 

17回

4時間足...

私は兼業のFXトレーダーです。以前はスキャルピングなどにも挑戦していたのですが、自分の性格に合わず失敗ばかりでしたので、今は指せる時に指すだけの、のんびりトレードをしています。
時間が許す限りチャートはなるべく見ていますが、取引は欧州時間から入ることが多いです。
主に使うのは「RCI3本」と「ピボット」の2つです。
以前は色々なインジケータや手法を取っ替え引っ替え試していたのですが、中々結果が出せず気持ちが焦るばかりで、気付けばチャートは10種類ものテクニカルが並んでいました。
その為指し所を中々決められないことが敗因ではないかと思い、少しづつテクニカルを省いて行き、今のスタイルになりました。

4時間足FX手法 概要

手法名 RCI3本が揃うのをひたすら待ってエントリー
開発者 ryoukou_ss さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スイングトレード
時間足 4時間足
通貨ペア ユーロ円、豪ドル円、ユーロ米ドル、豪ドル米ドル
分析手法 RCI、ピボット
その他選択項目 低レバレッジ、逆張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 5日
FX業者 SBIFXトレード 月間取引頻度 3回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 70% 損益レシオ R=1
平均利益 +100pips 平均損失 -100pips

4時間足でRCI3本を見る

エントリー方法です。
基本は4時間足を使い、RCIは(9)(26)(52)の3本を使います。
・3本一緒に底付近(-60~90%)になった所で買いエントリー、
3本一緒に天井付近(+60~90%)になった所で売りエントリーします。
その際は、ピボットの抵抗ラインも参考にします。RCIの(52)が若干離れていても良いです。

決済はピボットの抵抗を参考に

決済の方法ですが、
トレンドが強気の時は、(26)のRCIが底(-80~90%付近)、もしくは天井付近(+80~90%)に来るまでひたすらポジションを持ち続けます。
自信がない時は(9)だけを見て、(9)が底付近(-80%)、もしくは天井付近(+80%)に来たところで決済します。決済時もピボットの抵抗ラインを参考にします。
トレンドが強く出ている場面だと、100pipps~200pips位、それ以上抜ける時もありますが、4時間足だと中々RCIが3本揃うことが少ないです。
取引チャンスが少ないので、常にチャートを監視する必要はなく、のんびりとトレードが可能なFX手法です。
とても大雑把なFX手法かもしれませんが、のんびり屋の私には合っているようで、ここ数年、年間にして負けてはいないので良しとしています。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

17回



関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

800

ページトップへ