783

現在783手法公開中!

FX手法

アメリカ雇用統計発表後のFX相場の値動きには特徴がある!

2014.04.14 | 
 

5回

アメリ...

koyou

これは、雇用統計発表後に使う、FXの売買手法です。直近の2014年4月4日、金曜日の日本時間21時30分に発表された後の値動きを例に解説します。

私の売買手法は、発表後の米ドル円の動きの特徴を掴み、翌週の月曜から売買を行います。


FX手法概要

手法名 雇用統計後の月曜日がFXの取引チャンス!
開発者 oioi  さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード、スイングトレード
時間足 15分足、30分足、1時間足
通貨ペア 米ドル円
分析手法 ローソク足、ファンダメンタルズ
その他選択項目 指標トレード、順張り
取引市場 東京市場 ポジション保有時間 3日
FX業者 Alpari Japan 月間取引頻度 1回以下、3回
エントリー注文 成行 決済注文 成行、指値、逆指値
勝率 70% 損益レシオ R=1
平均利益 +100pips 平均損失 -100pips

雇用統計発表後の、翌週にエントリー

damasigyaku

具体的に、4月4日(金)の21時30分までの米ドル円は、一時104円台を付けるも、結局103円台前半で終了しました。この日のように、104円をつけた後の下落が重要なのです。

雇用統計発表して間もなく「大台の104円をつけ後に、大幅下落する値動き」しかも、104.10円には前日の高値もありました。FX相場は、騙しの動きがあった時は、逆にトレンドが出やすいのです。

この動きから、上値の重さを強く感じ、翌週の月曜日AM10時以降 に売りポジションで入ります。何故10時かというと、週初めの窓開けと、東京市場がオープンした後の値幅を、ある程度確認する必要があるからです。

窓開けが極端な時や、東京市場がオープンしてFX相場が乱高下するようであればエントリー注文は行いません。

4/7は、目立った窓開けもなく、東京市場が始まっても穏やかなチャートでしたので、103円前半でSELLを10LOT。リミットは102.00にして、ストップは104.15円にします。

もし、102円に届かなかった場合でも、4月11日(金曜日)の22時までには決算をします。

今回は米ドル円が、雇用統計発表後に、104円台から103.2円まで80ppも一瞬で下がった事から、翌週は、売りポジションで入る事にしたということです。

※米ドル円1時間足 取引イメージ

雇用統計後のエントリー

米ドル円の長期的FX戦略

beidoru

世界情勢が激変しない限り、今後は米国の失業率が改善され、米ドルの金利が上がる事が予想されています。

よって、今後の米ドル円は、個人的に120円に向かう事は間違いないと思っています。しかし、常に一方向に120円に向かう事はありません。FXは上がったり、下がったりを繰り返すものです。

長期的に円高方向を狙いながら、その下げ局面を、細かく狙う売買のFX手法を今回は解説しました。因みに、2014年4月の米国の失業率発表は、6.6%の予想から、実際は6.7%でした。

取引結果として、4月7日に103円台で実施した売りポジションは、4月9日に102.00円で決算され、10ppの売りポジションは、10万円以上の利益を生む事ができました。

雇用統計発表後の値動きというのは、結構特徴があって、過去1年間で同じような値動きで米ドル円が下がった局面は、7度あり、戦績は5勝2敗といったところです。


この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

5回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

783

ページトップへ