810

現在810手法公開中!

FX手法

20MAの方向にレジサポを10pipsブレイクしたらエントリー

2015.07.17 | 
 

61回

20MA...

はじめまして。FXの兼業トレーダー3年目でやっと勝つことができたFX手法です。
今まで色んなインジケーターを使ってきましたが、シンプルなFX手法が安定して勝つことができるとわかってきました。

レジサポFX手法の概要

手法名 レジサポブレイクFX手法
開発者 konchan0118さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード、スイングトレード
時間足 1時間足、4時間足、日足
通貨ペア ユーロ円、ユーロ米ドル
分析手法 移動平均線、高値安値
その他選択項目 順張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 1時間から数日
FX業者 月間取引頻度 10回
エントリー注文 指値 決済注文 成行、指値
勝率 70% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +50pips 平均損失 -30pips

FXでは移動平均線の向きが重要

まず「移動平均線20MA」の向きを確認します。あくまで順張りですので、移動平均線の向きは大事です。
続いて、レジサポラインを確認します。レジサポラインは自分で引いてもいいのですが、面倒くさい方は、「zigzagtride-mtf+alerts2」というインジケーターを使います。
インジケーターはこちらサイトからダウンロード可能です。⇒ MT4インジケーター集めてみた
MT4ですので、1時間足のチャートに日足、4時間足、1時間足をそれぞれ表示します。
(色の設定はご自身で見やすい色分けをお願いします。)
1時間足のレジサポラインを10pipsブレイクしたところでエントリーをします。
(それぞれの時間足のレジサポラインが重なっているところは鉄板なのですが、そうありません。騙しを極力減らすために10pips開けています。
※取引イメージ

損切りと利益確定について

損切りはエントリーポイントより-30pipsです。
利確は+50pipsもしくは次のレジサポラインです。
(鉄板ラインをブレイクした際はできるだけ利益を伸ばした方がいいので、トレイリングストップを利用するなどして利益を伸ばして下さい。)

非常にシンプルな取引ルール

最後にもう一度FX手法の概要をまとめます。
1.20MAの方向を確認
2.20MAの方向にレジサポブレイクしたらエントリー(ラインより10pips開ける)
3.損切りは-30pips
4.利確は+50pipsもしくは次のレジサポライン
非常にシンプルなルールです。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

61回




関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

810

ページトップへ