800

現在800手法公開中!

FX手法

200MA&RCI手法@半年間の取引結果

2014.09.27 | 
 

9回

200MA...

FXは難しいです。短い期間では利益を得れる時もありますが、それが1週間、1ヵ月、と安定して利益を積み重ねるのは至難の業でした。
相場というのは、毎回同じ動きをしません。似たようなチャートがあっても、全く同じチャートは存在しません。
当たり前のことですが、これが自分の頭を混乱させて、迷いが生じるようになりました。
シンプルに取引すれば良いという、助言を頂いて作ったルールですが、シンプルという概念を少々はき違えていたような気がします。

手法概要

手法名 シンプルなスキャルピング手法
開発者 Goさん
勝てる? 勝てない
取引スタイル スキャルピング
時間足 1分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ米ドル
分析手法 RCI、移動平均線
その他選択項目 逆張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 1時間
FX業者 外為オンライン 月間取引頻度 100回
エントリー注文 成行 決済注文 指値、逆指値
勝率 30% 損益レシオ R=2
平均利益 +10pips 平均損失 -5pips

取引ルール

実際に行っていた投資スタイルは、スキャルピングでした。1分足チャートに「200MA」と「RCI」を出しての逆張り。
売りの場合だったら、RCI80以上を確認して、200MAにとどいたところでポジションを建てます。ひたすら、この繰り返しです。
私は自営業ですので、一日中チャートを見れる環境にありますが、18:00~23:00までが最もチャンスが多かったです。
決済のついては、利益が+10pips損失が-5pipsになるようにしていました。通貨は、ドル円とユーロドルの2種類でした。
※取引イメージ ドル円1分足

半年間の取引結果

上記の投資スタイルで、半年間続けました。結果を以下に記します。(ドル円&ユーロドル)
1か月目:+123pips 2か月目:+89pips 3か月目:-212pips
・4か月目:-  19pips 5か月目:+47pips 6か月目:- 40pips 合計 :-12pips
プラスになったり、マイナスになったりで、なかなか止める判断がつきませんでした。
6か月間の結果は、-12pipsですので、かなりの時間を掛けて取引しても見返りが全くなかったことになります。
取引の数は多いので、かなりのデータが取れましたが、この手法の優位性はなかったといえます。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

9回




関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

800

ページトップへ