797

現在797手法公開中!

FX手法

1分足の窓開けを狙う!スキャルピングFX手法!

2014.07.04 | 
 

13回

1分足の...

kawasesouba

「窓開け」「窓埋め」は、株式相場では良くみられる現象です。「窓開け」は強い、または弱いFX相場の特徴を表しています。そして、窓を開けた場合は、窓を埋める傾向が強いと言われております。

しかし、、FX相場においては、あまり多くは出現しません。それは、FX相場は株式のように市場が閉じることなく24時間動いているからです。

そのためFXにおいての「窓埋めトレード」は、チャンスがあまりありません。だいたい月曜日くらいしかチャンスがないのが特徴です。

しかし、1分足などのチャートを見てみると、月曜でなくとも「窓」をたくさん発見することができます。

今は、本業が忙しいのと、疲れが溜まってしまいやっていませんが、1分足での窓を使った、超短期のスキャルピングFX手法を紹介します。


窓開けFX手法の概要

手法名 決断力と判断力が必要なスキャルピングFX手法
開発者 NORI さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング
時間足 1分足
通貨ペア 米ドル円
分析手法 ローソク足
その他選択項目 ハイレバレッジ、窓、順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 10分
FX業者 SBIFXトレード 月間取引頻度 100回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 70% 損益レシオ R=1
平均利益 +3pips 平均損失 -3pips

通貨ペアは米ドル円のみ

madoakejyunbari

1分足を使ったスキャルピングですので、複数のテクニカル分析を確認している暇なんてありません。とにかくスピードと判断力が重要です。

まず、通貨ですがこれは、米ドル円一択です。なぜなら手数料が一番安いからです。

ユーロ米ドルもスプレッドは安いですが、米ドル円と比較すると全く相手にはなりません。ドル円が0.3pipsだとして、ユーロ米ドルが0.6pipsだと倍違うことになります。

早ければ数分で決済をするFX手法なので、手数料にはとことんこだわっても良いと思います。

肝心のエントリールールですが、以下にまとめます。

  • ・1分足で窓開けをしているローソク足を発見する
  • ・例えば上に窓を開けていたとしたら、とるのは「買いポジション」
  • ・つまり、「窓埋め」を狙うのではなく、「窓開け」の勢いに乗るという事
  • ・月曜日のような、大きな窓開けだと窓埋めを狙ってもよいが、1分足のような短い時間足では、ローソク足の強さに乗る事が重要
  • ・実際にエントリーするのは、上に窓を開けた、1分足の陽線が確定してから

※米ドル円1分足 エントリーイメージ

entrry

FX相場のボラティリティを利確の判断材料に!

rikakutosongiri

損切りは、窓開けをしたローソク足の1つ手前の足(安値・高値)に注目します。そのポイントを、1分足の引け値でブレイクしたら成行で損切りをします。

たまに、1本のローソク足で急激に動く事がありますので、そういった時には引け値を待たずに損切りします。

利確の判断は、pipsで決めます。2pips~5pipsの間です。事前のボラもきちんとチェックしておき、大きく動いていたら5pips。少なかったら2pipsなど、ボラで利幅を判断するようにしています。

※米ドル円1分足 決済イメージ

kessai

画面に張り付く必要がある

tonikakutukareru

このルールは、時間に余裕がある人でないと出来ません。なぜならば、ずっとFXチャートを見る必要があるからです。

このFX手法で取引すると決めれば、1分足単位でローソク足が確定していきますので、テレビを見れなければ本も読めません。

なので、時間を犠牲にして取り組まなければならないルールです。仕事終わりでも、取引可能ですが・・私の場合はとにかく疲れるので辞めてしまいました。

詳しくは書きませんでしたが、窓開けと言っても様々な形があります。ヒゲが出ている出ていない。高値をブレイクした直後など。パターンよって勝率が変わってきますので、そのあたりは検証をしていただけたらと思います。

ちなみにですが、高値ブレイク後の、窓開けはかなり期待値が高いので、私の場合は必ずエントリーしていました。


この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

13回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

797

ページトップへ